わきがのお悩み解消!効果的なわきが対策を徹底解説!

  • 2019年6月26日
  • 2019年6月27日
  • 未分類
  • 68回
  • 0件

あなたは、自分にとって最適なわきが対策にめぐり合えず、人知れず悩んでませんか?

しかし、世の中には効果的なわきが対策が数多く存在します!!

わきが対策を諦めて悩む必要は全くありません!

この記事では、わきが対策に悩むあなたに参考にしていただくことを目的とし、効果的なわきが対策方法についてお話していきます。

わきがで悩んでいる人はぜひ最後までご覧になってください。

目次

わきがの3大対策の中で効果的な方法とは?

 

現在、世の中で実践されているわきが対策は3つにまとめることができます。

 

<わきがの3大対策>
・病院での治療・手術
・生活スタイルの改善
・わきが対策デオドラント製品の利用

 

そして上記3つの対策には以下のような特徴があります。

<病院での治療・手術>

最も完治が期待できる方法ですが、場合によっては治療痕が残ったり、治療後に再びわきがが発症したりといった危険性があり、費用負担が大きくなる可能性もあります。

<生活スタイルの改善>

危険性が小さく高い効果が期待できる上、費用的負担も小さいですが、多少面倒に感じてしまうのがこの方法です。

<わきが対策デオドラント製品の利用>

わきが対策デオドラント製品の利用は費用負担が圧倒的に小さく、自分の好きなタイミングで利用できるのが特徴です。
さらに、効果に関してもそれなりに期待できることがメリットです。

これらの3つの対策の中で最も高い効果が期待できるのは、病院での治療・手術であることは間違いありません。

しかし、手術による治療が行われる以上、多少の危険は伴います。

せっかく手術したのに、わきがが再発してしまうことも考えられます。

さらには手術後に目立ったキズが残ることも考えられます。

技術力が高く、信頼できる病院にめぐり合えれば、わきがを高い確率で直すことができるかもしれません。

しかし、技術力、信頼度の高い病院にめぐり合えるとは限りません。

わきが手術を考える前に、まずは生活スタイルの改善からスタートし、わきが対策デオドラント製品を取り入れてみてはいかがでしょうか?

では、わきがの3大対策について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

病院での治療

少々敷居の高いかもしれませんが、専門家にチェックしてもらえる安心感に加えて、高い効果が期待できる方法です。

病院で受診できるわきが治療方法をご紹介していきます。

内服薬・注射

発汗量を抑えることを目的として、内服薬・注射を用いることがあります。

ただし、これらは副作用の危険性が高い方法でもあります。

内服薬は必ず医師の指導の下で服用するようにしてください。

 

臭化プロバンテリン

発汗は伝達物質である「アセチルコリン」によって起こり、抗コリン作用のある臭化プロバンテリンは、アセチルコリンの分泌量を減らす働きを持っています。

この働きによって発汗量が減り、わきが対策として高い効果を発揮してくれるのです。

 

塩化アンモニウムを塗布した湿布

塩化アンモニウムには、制汗作用や収れん作用があるため、これが塗布された湿布を患部に貼ることにより発汗量が抑えられます。

 

注射(ボトックス)

美容整形の現場では有名な注射(ボトックス)は、わきが対策としても有効です。

この注射にはアポクリン汗腺の働きを無効化して、汗はもちろんのこと、汗からくる不快な臭いを防ぐ効果も期待できます。

 

わきが手術

わきが治療の手術と一口に言っても、人によって様々ですが、最もポピュラーなのはアポクリン汗腺を取り除く手術法です。

この手術を希望する人は、美容外科、形成外科、皮膚科などに相談してください。

 

直視下手術法

わきがを引き起こすアポクリン汗腺を完全に取り除く方法です。

実際には脇下に数センチ程度メスを入れた後、皮膚をめくり、アポクリン汗腺そのものを除去することとなります。

 

非直視下手術法・皮下組織吸引法

脇下に管を差込み、アポクリン汗腺、エクリン腺などを吸引する方法です。

そのための、わきの下を1cmほど切開します。

術後の傷口に関してはそれほど気になるものではありませんが、完治の可能性としては直視下手術法ほど高くはありません。

 

皮膚組織削除法

この方法では、アポクリン汗腺・エクリン腺を取り除くために脇下にメスを約1cm入れます。

約1cmということで傷口が目立つことはなく、効果に関しても期待が持てます。

しかし、手術後の約1週間は脇を自由に動かすことができません。

電気凝固法

高周波の電流が流れる電流針を、毛根部分(アポクリン汗腺・エクリン腺など)に約5秒間流します。

電流針を刺す前には局所麻酔を行うので極端な痛みはなく、これを行うことで発汗量が減ってわきがの悩みも幾分解消されます。

しかし、必ずしも完治するというものではありません。

 

超音波吸引治療法

熱を発する超音波を通す穴を脇下に開けて、その発生した熱によってアポクリン汗腺を焼く方法です。

効果としては吸引法より優れてはいるものの、火傷・皮膚壊死などが起こる可能性が高い点に注意が必要です。

 

ワキ毛の永久脱毛

医療機関や脱毛サロンで行われるワキ毛の永久脱毛には、美容としての効果はもちろんのこと、わきがの防臭効果があります。

永久脱毛の施術の際に使われるレーザー光がアポクリン汗腺の働きを低下させるため、わきがを抑えられることができるのです。

さらに、ワキ毛がなくなることにより、わきがの原因菌が定着しにくい環境になります。

そのため、わきがを軽減することができるようになります。

 

生活スタイルの改善

 

「生活スタイルの改善」とは言うものの、「わきがを治すために具体的にどのようなことを行っていけばいいの?」と疑問に思う人もいるかと思います。

今回取り上げる方法は、どれも手軽にスタートでき、難しいことは一切ありませんので安心してください。

 

食生活の改善

わきがで悩んでいる人にオススメできない食事は酸性食品です。

具体的には、以下のような食品です。

 

【酸性食品】
・穀物
・炭水化物
・肉類
・魚類
・乳化工製品
・オイル
・人口甘味料

 

酸性食品は「アポクリン汗腺」を刺激し、わきがを一層悪化させる恐れがありますので、できるだけ避けたいところです。

ただし、健康を維持する上では必要不可欠な食品もあります。

なので『酸性食品の過剰摂取は要注意』ということだけを心がけてください。

次にわきが対策に有効とされる食品をご紹介します。

わきがを軽減できる可能性まりますので、できるだけ多く摂り入れていきましょう。

 

わきがの人が多く摂り入れたい食品

結論から申し上げますと、わきがの人にはアルカリ性の食品を摂取することをオススメします。

具体的には、以下のような食品です。

【アルカリ性食品】
・野菜や果物
・きのこ
・海藻
・大豆、レンズ豆
・ぬか漬け
・梅干
・緑茶

 

これらの食品にはわきがを悪化させる可能性がある酸性食品を中和する働きが期待できます。

中でも高い抗菌作用が期待できる梅干しは、血液の酸性度を適切な状態にキープする効果があります。

また、緑茶は、抗酸化作用が期待できる上、手軽に飲めるという点からも積極的に摂り入れていきたいところです。

 

入浴時に工夫する

わきがは脇汗や皮脂に菌が繁殖することによりニオイが発生します。

なので、入浴時に脇汗・皮脂や原因菌を取り除くことは非常に重要です。

シャワーを浴びるだけでも体を綺麗になりますが、入浴時にひと工夫するだけで一層高い効果が期待できます。

具体的にどのような工夫をすればよいのか?

その答えは入浴剤代わりに重曹を使うことです。

パンの膨らまし粉や掃除の際の洗剤代わりに使われることのある重曹。

その重曹を入浴剤として使うことによって、わきがを軽減することができるんです。

理由を簡単に説明しますと、重曹が弱アルカリ性の物質であることがポイントです。

体が酸性になると、わきがの原因物質を排出するアポクリン汗腺が活発になり、わきが臭が発生しやすくなります。

そこで、弱アルカリ性の重曹入り湯船につかり体を中和することによりアポクリン汗腺が活性化を防ぐことができるのです。

気になる使い方ですがは、とても簡単。

湯船に45cc程度の重曹を加えるだけです。

ちなみに、重曹の変わりに、200cc程度のお酢を湯船に入れてもわきが対策をすることができます。

 

ミョウバン水を使用する

ゴボウ・ジャガイモなどのアクを取りやウニの型崩れを防ぐ食品添加物として使われているミョウバン。

収れん作用や殺菌作用があることより、ミョウバンは制汗・デオドラント製品の原材料としても使われています。

このミョウバンを水に溶かしたものが『ミョウバン水』です。

ミョウバン水の作り方はとても簡単!

250ccの水に1gの焼ミョウバンを溶かすだけです。

焼ミョウバンはゆっくりと水に溶けますが、冷蔵庫で2~3日間保管すれば出来上がります。

使用する際は、霧吹きやスプレーボトルに入れて脇に噴霧してくださいね!

ちなみに、焼きミョウバンは、スーパーや薬局で手軽に購入することができます。

値段は100gで300円程度です。

汗で濡れた衣服を長時間着用しない

汗をかいたら、衣服はできるだけ早く着替えるようにしましょう。

顔や体の汗を拭き取っても衣服にしみ込んだ汗までは落とせません。

汗をかいた後の衣服を長時間に渡って着ていると、衣服内でも雑菌が増えて一層不快な臭いを漂わせることとなるので要注意です。

 

通気性に優れた衣服の選択

通気性に優れた衣服を選択することで発汗時における湿り気を外部に逃がし、わきがの原因菌の増殖を抑えることにつながります。

わきがで悩んでいる人は、「通気性」に優れた、「綿」、「麻」、「絹」の素材のものを選択しましょう。

 

ワキ毛の脱毛する

わきがの原因菌はワキ毛内でも増え続けることがあります。

汗をかきにくい季節になるとワキ毛の脱毛にも注意が向きにくくなるものです。

しかし、ワキ毛もわきがの原因となり得ることをしっかりと認識し、季節に関係なく脱毛を行うことを心掛けてください。

男性の場合は、脇毛を剃ることに抵抗がある人も多いと思いますが、ぜひお試しください!

 

わきが対策に特化したデオドラント製品の利用

 

これまで『病院での治療・手術』および『生活スタイルの改善』によるわきがを改善する方法に関してご紹介しました。

しかし、誰でも手軽に行えて、効果も期待できる方法という点では、わきが対策に特化したデオドラント製品を利用することが最適な方法です。

わきが対策のため開発されたデオドラント製品であることから効果があることはもちろんです。

また、病院と費用を比較しても、わきが対策用デオドラント製品のコストパフォーマンスは高いです。

わきが対策デオドラント製品には「クリームタイプ」や「スプレータイプ」などがあります。

 

最も多くの人に勧められる「クリームタイプ」の特徴

クリームタイプのわきが対策デオドラント製品は肌によく吸着するため、他のタイプと比べて使用後のに発汗によって落ちる心配がありません。

使用量のコントロールも可能で、持続時間も長いことから外出の機会が多い人にもオススメです。

さらにクリームタイプのわきが対策デオドラント製品は、保湿としての効果も期待できる商品が多く出回っていることから、黒ずみで悩んでいる人にも向いていると言えます。

 

【クリープタイプのメリットのまとめ】
・汗によってクリームが落ちる心配がない
・一日に何回も塗る必要がない
・短期間で効果を実感できる
・肌に優しく、肌への悪影響がほとんどない
・場所や時間にとらわれず使用できる

 

クリームタイプのわきが対策デオドラント製品には、このようなメリットがあります。

ただ、市販の制汗剤と比べるとコストがかかり、近所の薬局などで手軽に購入できないのがデメリットです。

 

市販の制汗剤の利用

 

『スプレー』・『ロールオン』など、様々な種類が存在する制汗剤。

体から発生する臭い対策として有効で、コンビニ・ドラッグストアでも安く販売されているので、誰でも気軽に使用できます。

 

【制汗剤のメリットのまとめ】
・使用したい時にすぐに購入可能
・使用時における心地よい清涼感
・汗による不快な臭いに対してもそれなりの効果が期待できる

 

ただし、制汗剤はクリームタイプの商品とは違って持続力という点では劣っています。

一日に複数回使用しなければならないことから、商品自体の価格は安くても何回も購入する必要があります。

また、スプレー式のものは使用時に音がすることから周囲を気にしなければなりません。

さらに、わきがの臭い対策という点においても、それほど効果を期待できるものではありません。

 

『汗除去シート』の利用

汗をかいた際のベタベタ感や臭いを取り除いてくれる汗除去シート。

手軽に購入できるという点や、外出先でもすぐに使用できるという点が魅力の商品です。

 

【汗除去シートのメリットのまとめ】
・使用したい時にすぐに購入できる
・汗をかいた際のベタベタ感の解消
・カバンに入れておけば外出先でも使用可能

 

汗除去シートのメリットは上記の通りですが、この商品はあくまでも汗を拭き取ることが目的であり、消臭を目的としたものではないという点に注意してください。

 

『脇汗パッド』の利用

わきがやは洋服のシミの原因となる脇下の汗を吸収してくれる脇汗パット。

肌に使用するもの以外にも服に使用するタイプのもの、消臭・抗菌効果が期待できるタイプのものも存在します。

 

【脇汗パッドを利用するメリット】
・わきがの原因となるワキ汗を吸収してくれる
・汗で洋服が汚れない

 

脇汗パッドには、このようなメリットがあります。

しかし、わきが自体の臭いを取り除く効果はなく、いつまでも貼り続けていると細菌の数を増やす原因になります。

また、肌(脇)に貼る商品の場合は、肌に合わない場合があるという点にも注意してください。

 

『ボディソープ』の利用

市販のボディソープの中には、殺菌力や消臭力(デオドラント効果)を高めた商品も存在し、以下のようなメリットがあります。

 

【ボディソープを利用するメリット】
・簡単に習慣化できる
・体臭対策としても有効

 

ただし、消臭・防臭効果が長く続くことはなく、わきが対策の効果は一時的なものとなります。

 

オススメのわきが対策は?

 

わきが対策と一口に言っても様々な優良な方法が存在します。

わきが対策として、最も効果が期待できるのは病院での治療です。

しかし、時間と経済的に余裕のある人でなければ難しい一面もあります。

それに対し、わきが対策デオドラント製品は、高い効果が期待できる上に、時間的・経済的負担も小さいことが特徴です。

特にクリープタイプは、効果の持続性使い勝手が優れています。

わきが対策デオドラントとしてクリームタイプを選ぶことは最善の対策です。

 

我流の誤ったわきがケアは逆効果となるので要注意!

我流の正しくない方法でわきがケアを行わなった場合、一時的に効果があったとしても根本的な解決は期待できません。

最悪な場合、わきがの症状をさらに深刻なものとする危険があるので要注意です。

以下に正しくないわきがケアについて取り上げていきますので、ぜひ参考にしてください。

 

必要以上に体を洗う

わきがを発症するとその臭いを消すために何度も体を洗いたくなるものです。

しかし、必要以上に体をこする行為や過剰なシャワーは、肌に存在するべき皮脂をも取り除き、乾燥肌の引き金となります。

乾燥肌になると皮脂の分泌量が異常に増えて、わきがの症状を深刻化させかねません。

体を不潔な状態にしておくのも決して良いことではありませんので、程々に清潔な状態を保つ認識を持つと良いでしょう。

 

肌への負担が大きい脱毛

ピンセットや脱毛クリームによる脱毛は、アポクリン汗腺に働きかけ、わきがの症状を一層悪化させることにつながります。

脱毛は脱毛サロンなどで行うことに越したことはありませんが、自宅でワキ毛処理を行わざるを得ない場合は、電気シェーバーのようなものを用いて肌をあまり刺激しないことが重要です。

 

発汗量を抑えるために水分の摂取量を減らす

大量の汗をかくと、わきがのニオイも強くなることって、よくありますよね!

そのため、発刊量を抑えるために、水分の摂取量を減らそうと考える人も少なくないと思います。

しかし、そもそも体内で余った水分は尿となりますので、水分の摂取量が増えたからといってわきがの症状がひどくなるようことはないのです。

むしろ必要量の水分を摂取しないことで、濃度の濃い汗が出るようになり、かえって強烈な臭いを発することに繋がるという点に注意しましょう。

 

わきが対策Q&A

 

次項では、日頃のわきが対策に関して多く寄せられる質問に回答していきたいと思います。

 

質問:男性向けのわきがケア商品を女性が使用しても大丈夫?

男性向けの商品と女性向けの商品は、配合成分によって分かれています。
前者は汗・臭いを抑える効果が後者と比べて高く、スースーとした感覚をより味わえるのが特徴です。
女性向けの商品を使用して不満を感じる人は、男性向けの商品を使用するのも一つの手ですが、まれに肌への負担が大きくなることもあるので要注意です。
しかし、基本的には女性の人が男性向けの商品を使用したからといって、肌に悪影響が出るようなことはありません。

 

質問:妊娠時でも妊娠前と同じ方法を用いて大丈夫?

妊娠期間中の生活は、母親とお腹の中の子どもに大きな影響を与えることとなります。
当然栄養面に気を使い、体も綺麗にしておくことも重要になります。
わきが対策のデオドラント製品は、医師の指導の下で使用すれば心配は無用です。

質問:子どもがわきがを発症した場合、どのような対策を行うべきか?

子どもがわきがを発症するのは、小学校高学年から中学時代の最も多感な時期であることが多いです。
ですので、子どものわきがはメンタルケアをしてあげることが重要なポイントとなります。
わきが対策の方法に関しては、子供も大人と同じ方法で問題ありません。
ただし、わきが対策のデオドラント製品を使用する場合は、できるだけ低刺激のものを選択するように心がけましょう。

質問:臭いが洋服に染み付いてしまった場合の対策

わきがによる臭いは、洗濯しても落とし切れないことがよくあります。
その場合は、ぬるま湯(約40℃)と漂白剤(酸素系のもの)を用いれば、洋服に染み付いてしまった臭いも取り除けるはずです。

わきが対策はクリームが一番!

 

ここまで自宅で簡単に行えるものや病院での手術といった、ハイレベルな方法など、たくさんのわきが対策をご紹介してまいりました。

焦って自分に合わないケア方法を選択したり我流の方法でわきが対策すると逆効果となります。

ですから本記事で取り上げたケア方法の中から選択することが重要です。

この記事でご紹介したわきが対策法の中で最も高い効果が期待できる方法は、病院で手術を受けることです。

しかし、病院での治療は、経済的負担も大きく、多くの時間を要し、さらには体へのダメージも残るためハードルが高いという点は否めません。

それを踏まえると生活スタイルを改善しつつわきが対策クリームを使用するのがベストの方法となります。

特に最近のわきが対策クリームは、防臭効果(制汗力・殺菌力・消臭力)が優秀であることに加えて、長時間の効果も期待できます。

体にダメージのある手術を行わずとも、有効なわきが対策を行うことが可能です。

これまで様々な対策を行いつつも期待した効果が得られなかった人は、一人で行えるわきが対策クリームを使用したケアに切り替えてみてはいかがでしょうか?